不動産取引の増加|建物を建てるなら土壌汚染調査を行なうのが義務

建物を建てるなら土壌汚染調査を行なうのが義務

メンズ

不動産取引の増加

工事

地歴調査が必要

不動産取引において土壌汚染は売主負担で改良する必要があります。特に住宅においては土壌汚染調査を行い、開発をすることが重要です。土壌汚染調査では、第一段階として地歴を調査することになっており、地歴を調査することでかなりのケースで土壌汚染の有無の見通しを立てることが可能となるのです。特に既存と建物がある場所は自然由来による土壌汚染も想定されないため、それ以上の土壌汚染調査は必要なくなります。また、それ以外の場所については地下の浅い部分の土壌汚染調査を行うことになりますが、この部分で問題が発生しなければ一次調査で終了です。しかし、汚染が判明した場合には地下の深い部分や地下水の汚染の状況を調べることになるのです。いずれにしても地歴から順番に行うことが重要となります。

洗浄方法の選択

土壌汚染調査で土壌汚染が判明した場合には土壌洗浄を行う必要があり、その場合には汚染した土壌を搬出して土壌を入れ替えることも可能です。しかしながら洗浄する必要の土壌量が多い場合には、洗浄する機械を現地に設置して土壌洗浄を行うことが経済性の観点からも合理的です。また、土壌洗浄の技術はオランダが先進国で洗浄用の機械はオランダから輸入されたものが使用されています。土壌汚染の原因には工場跡地のように操業中に発生したものと自然由来のものがありますが、操業によって発生した土壌汚染は濃度が濃くなっているケースが多いため、洗浄にも時間とコストがかかります。自然由来の場合には表面にとどまっているケースが多いので短時間で処理が可能です。現在では、これらの調査を行なってくれる専門の業者も数多くあるため、土壌汚染調査を行なう際は依頼するとよいでしょう。