建物を建てるなら土壌汚染調査を行なうのが義務

女性

注文住宅を購入する前に

男の人

一戸建て住宅を建築する際に、必ず行っておいた方が良いのが地質調査です。地盤が緩い土地などに住宅を建築してしまうと、住宅が傾いてしまう可能性も否定できません。ですから、最初にしっかりと地質調査を行っておくのがベストです。

詳細を確認する

不動産取引の増加

工事

不動産取引を行う場合には土壌汚染の処理は売主負担となります。土壌汚染調査を行い洗浄をする必要があります。地歴調査を行うことで汚染の有無を想定することは可能で、問題なければ簡易調査で済ますことが可能です。汚染の状況によって洗浄用の機械を導入して大規模に行うケースもあります。

詳細を確認する

家を建てる前に必要なこと

工事現場

建築前の特殊工事とは

家を建てるうえで大切なことは、その土地や家に安心して長く住み続けられるかどうかが重要になります。どのような家に住みたいかを重視する人は多いですが、その土地の地盤の強さや土壌の安全性も大事なポイントなのです。家を建てる前に必要となる特殊工事といえば、地盤調査・土壌汚染調査・土地改良などがあって、その土地の安全性を確保するためには欠かせないものです。地盤調査は土地が住宅の重みに耐えられるかを調べることで、最近では地盤保証が義務付けられているハウスメーカーが行っています。また、子供がいる家庭や庭を作りたい人に必要なのが土壌汚染調査で、主に土や地下水を調べて有害物資が無いかを調べます。そして、地盤調査や土壌汚染調査で問題があると判断された場合は、土を入れ替えたり基礎を固めたりする土地改良が行われるのです。

メーカーの安全性とは

大手ハウスメーカーに人気が集まっているのは、住みやすくて良い家を建てるだけではなく、安全面や保証が充実していることも大きな理由に挙げられます。ハウスメーカーは家を建てるに当たって、10年間の保証義務があるので、強固な地盤の上に家を建てなければなりません。もし10年以内に地盤が原因で家に問題が発生したときは、メーカー側が改善費用を負担することになるのです。また、最近では土壌の安全性を気にする人が増え、以前は自分で依頼するケースの多かった土壌汚染調査ですが、最近では契約内容に含まれることが多くなりました。このように、安全に対する意識が高まったことによって、各ハウスメーカーは家を建てる際に、地盤調査や土壌汚染調査を行うようになったのです。

液状化現象を防ぐ

女の人

液状化現象は地震が起こると家屋に多大な影響を与えかねません。その現象を防ぐためにも、液状化対策を取ることが大切です。その方法には主に固化・締固め・地下水位低下・地震力低減の4つが方法が知られています。

詳細を確認する